夢降る夜に出会いたい北の大地

北の大地おびひろは星降るきれいな夜空。ステキな夢も降ってきそうなロマンチックなところでの幸せな生活を綴っていきます

30料金、mediaプチプラリップってどうしてなん?支出レポ。

time 2017/06/22

30お代ガールズのみなさんはじめまして。私も現在仲間に入れていただきました。20お代下ごろから気になってきたことがあります。それは、加速する唇の血色の悪さ!あたしはがんらい赤みが強い唇だったんですが、正にその唇が黒っぽくくすんできたような気がしていました。リップメークって今まで概ねしてこなかったんですが、どんなに他の部分をキレイにお化粧しても、唇の血色一つで形相の印象が暗?く。唇ががんらい色素薄目の別の近所に聞いても、カラーの違いだけで血色が酷い、と同じことをつぶやいていました。けど、口紅ってあまり塗らなかったし、というドラッグストアをさまよっていて(容疑ですね。笑)ちょっと目に入ったのがMediaのリップ。ひときわ女性のニュアンスだったのですが、まぶたにとまった理由は、その色あい型の多さ!提示棚の三分のゼロぐらい収支口紅じゃない!?ってほど、型が沢山だったのです。しかも値段もドラッグストアなら700円オーバー。なんとなく一本、と心がけるには良いお値段でした。あたしは「うるおいが持続する落ちにくい口紅」というコピーに惹かれてクリーミィラスティングリップAを選びました。カネボウという辺りも安泰要素のうちでした。使った反作用は。発色も素晴らしいし、やっぱりうるおいが持続する、というだけのことは居残るな!という驚きでした。低いリップだったので、はからずも唇が乾燥になったり、身なりだけで至極色つやがつかないんじゃないの?と疑っていましたが、ともいい意味で裏切ってくれました。見た通りの発色に、うるおい。何なら確かに落ちにくい。口紅って何だかなくならなくて使わなくなりがちですが、こういう総額なら季節ごとの傾向色あい考えで買って、回してもいいかも!と思えるお品物でした。仕事用、試合用件、って分けてもいいですしね。プログラムは昔のおばあちゃんが使ってた口紅を思い出させる紺色。何だかレトロで美しい感じです。まもなく本格的な春。春らしきキレイなピンク色を買おうかな?、とワクワクする毎日だ。