夢降る夜に出会いたい北の大地

北の大地おびひろは星降るきれいな夜空。ステキな夢も降ってきそうなロマンチックなところでの幸せな生活を綴っていきます

自分にとって何が幸せかわからない案件

time 2017/06/20

人物は幸せになるために生きているから、ハッピーになることをして生きて行きましょうと言われても今ひとつ方もいる。僕も、教え子の時、お出かけ系の勉強のインストラクターが申し立てを脱線したのか、そのようなことを話しているのを聞いてポカンとしてしまいました。幸運と言われても、それほど考えたことがなかったし、好きな人という結婚して幸せに暮らせればそれでいいと思っていたからです。ですが、大失恋を立て続けに積み増し、共々業も失ってショックを受けていた場合、自分が尊敬する人物やしたことを打ち込むだけで幸せになれるという手帳を通算通年利用していたことがあります。書いていておもしろい部位もあるけれど、最後まで書きこめたわけではありませんでした。至高難しかったのが、ネクストジェネレーションプログラムだ。これは、雇用動作の自己解明にも出てきますが、10歳先の意識はかけても、一層先のことを書こうとすると見えてきません。俺は企業が見えない分、今を大切に生きて行こうと考えていましたが、元恋人もまたこの世と同じで、計画を立ててそれに沿って生きて行かないとズルズルになるという考えでした。企業が見えないのに必ず決めるのはお断りなと思っていたこと、澤プレーヤーも俺と同じ考えだという事をわかり、いつかが見えない時は出来事を飛び越えながら考えて行けば相応しいという考えの人物が他におけるって知ってこれで良かったんだという事が出来ました。なので、自分の幸運が思い付か場合は、徐々に少しずつ探していけばいいのだと思います。